×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




Another Heros

素晴らしい映画を彩るのは主役だけとは限らない。
主演陣を囲むポジションに存在するもう一人のヒーローやヒロイン。
時に主役よりも主役、作品を観終えた後も心に残る名演技の余韻、それを兼ね添えた彼らこそ個性派名優!

ここでは私が観てきた映画の中で最も存在感のある役柄を演じている個性派俳優を独断と偏見で紹介しています。
名前を見ただけでは分からないという場合もきっと彼らの顔を見ればああこの人か!と納得する俳優揃いです。



オリバー・プラット

フラットライナーズ
アンドリューNDR114
サイモンバーチ

 
心優しい友人のイメージが強いオリバー・プラット。
ユーモアがあるお調子者の役はお手の物。
作品自体を中和するような見事なポジションつくりが印象的。
多くを語らない無関心を装うも心の優しさがにじみ出るサイモンバーチで演じたキャラクターは特に
心に残る素晴らしい人間像を演じている。





スティーブ・ブシェーミ

レザボア・ドッグス
アルマゲドン
ファーゴ


一度見たら忘れられない顔立ちのブシェーミはその個性溢れるルックスで、
ユーモアの効いた役柄や悪に徹した役柄まで主演陣とは別段の圧倒的な存在感を放つ。
異才な俳優とは彼のような俳優の事を言うのかなと思わせる。






ゲイリー・ビジー

リーサル・ウエポン
ハートブルー
沈黙の戦艦


悪役が多い彼だが、その大きな体格と悪役と全面に感じる演技一つ一つの中に、
心が映し出されるような役柄が多い。たまに見せる”良い人”の役柄には言う事なし。
つまり悪役を演じていても何故か”良い”キャラクターがマッチしてしまう不思議な魅力を持った俳優だと思う。






ゲイリー・シニーズ

フォレスト・ガンプ
レインディア・ゲーム
身代金


シリアスな眼差しが印象的なゲイリー・シニーズは、
その存在自体が彼のもつ目の力に負けず劣らない。
どの作品でも彼が演じたキャラクターは必ず観る人のハッとする印象を奪う。
たまに見せる笑顔のギャップが大きすぎるほど大きい。





ジェフ・ブリッジス

フィッシャーキング
失踪
光の旅人


何かを秘めたようなキャラクターが多いジェフ・ブリッジスは、
出演する作品作品に違った雰囲気のキャラクターを演じる事が多いように思う。
狂人のような悪役を演じる事もあれば包容力溢れる心優しき指導者、
はたまた母性本能をくすぐるような風来坊的なキャラクターも見事に演じ分ける






マイケル・マドセン

ゲッタウェイ
レザボア・ドッグス
テルマ&ルイーズ


渋い演技が光る男前俳優の代名詞のようなマイケル・マドセン。
視線の鋭さと、大人の男のクールさが魅力。その魅力はどの出演作品でも健在で、
何故かキュートに見えることも。主演作品がありそうで少ない名優。






ジェームズ・クロムウェル

アイ・ロボット
グリーン・マイル
ディープインパクト


ジェームズ・クロムウェルがスクリーンに映るだけでその作品が引き締まるような気がする。
その作品の方向性がわかる。
それだけの存在感を放つ名優で、出演作品自体名作が多い。
名作には欠かせない演技派俳優。






ジェニファー・ティリー

ゲッタウェイ
メイド・イン・アメリカ
ミュージック・フロム・アナザールーム


時にキュートなブロンドガールや破天荒で強い意思を覗かせるキャラクター、
妖艶で美しい情婦、心優しい物静かな女性や包容力ある母親など、
実にいろいろな役柄を演じるジェニファー。
彼女の存在で出演している作品にスパイスが加わる。
独特な美の雰囲気がどの作品でも印象付く。
彼女の声もまた魅力的でその声を存分に引き立たせる声優としても活躍。





アマンダ・プラマー

フィッシャー・キング
パルプ・フィクション
メイド・インへヴン

キュートなルックスに似合うお茶目なキャラクターが印象的なアマンダ。
表情の演技が素晴らしく、
特にフィッシャー・キングでの個性溢れる愛すべきキャラクターは、
ホントに彼女でないと演じられないだろうと思わせるほど。
一直線なキャラクターが一番印象に残る。






ロージー・ペレズ

忘れられない人
あなたに降る夢

可愛い同僚のイメージが強いロージー。
可愛いという表現そのものの演技でどんな作品でもキャラクターが印象付けられる。
彼女の出演作品は上記の3本のみしか見てはいないが、
どの作品でも彼女の個性はピカ一だった。






サンドラ・オー

ブルー・イグアナの夜
トスカーナの休日
ビーン


寂しげな表情、母性を感じるあたたかな笑み、
妖艶さも漂わせた切ない表情、それらの表情の演技は心に響くものがある。
作品に彼女が出演していると、果たしてこの作品はどんなキャラクターを演じるのだろうかと、
真っ先に思わせてくれる期待を導く個性派。



BACK HOME